どのスクールにする?

英会話をしっかり身に付けるためにも、自分に合った英会話スクールへ通わなければなりません。そのため教室選びはとても大切です。まずは、英会話スクールに関するよくある質問を確認していきましょう。

英会話スクールについての質問

入会費はいくらくらいでしょうか?

入会費の相場はだいたい3~5万円程度です。ですが、たまに入会費無料のキャンペーンをやっているスクールもあるので確認してみましょう!

英会話スクールを選ぶときのコツはありますか?

英会話スクールを選ぶときは、「継続しやすい料金か」「通いやすい場所にあるか」「自分に合ったレッスンやコースがあるか」「口コミや評判はどうか」を選ぶときに確認すると良いですよ。

振替制度とはなんですか?

レッスンが入っているときに、急な用事や病気でやむを得ず休んでしまった時に、他の日にレッスンが振り替えられる制度のことです。

単語

学業でも職業でも優位

外国人観光客が多く訪れることでも有名な横浜では、学業や職業に活かせるような英会話教室が数多くあります。英会話を習う理由は人それぞれですが、学生であれば、英検やTOEICを受験して就活を優位に進めたり成績に活かしたいという人がほとんどです。また、社会人であれば、外国との交渉や営業に活かすなど実務的な目的がある人や、昇進などスキルアップのために英語を習いたいという人が多くいます。使える英語を話せることは、学業においても職業上でもプラスとなるポイントで、国際的に活躍したいという人は英会話教室で会話の腕を磨くことをおすすめします。

生きた英語を話すために

日本では、ほとんどの中学校、高校で英語が必修となっており、子供たちは日常会話で必要な単語や文法などを習うことが可能です。しかし、文法を知っていても正しい発音で悠長に英語を話せる人は少なく、いざ外国人を相手にすると全く話せない、または通じないという人が多くいます。実用的な英語を話すためには、学校の授業とは別にネイティブの人たちと積極的に会話することが重要であり、英会話教室はその役割を大きく担っていると言えます。横浜には、文法重視ではなく、会話することに重心を置いた英会話専門の教室がたくさんあるため、通じる英語を話したい人におすすめです。

授業のシステムを確認する

英会話教室を選ぶ際は、授業料や自宅から教室へのアクセス、教室の雰囲気などを気にして選ぶことが大切です。横浜にあるたくさんの英会話教室から一つを選ぶことは大変な作業ですが、それらの条件と一緒に授業の振替システムなども気にしておくと安心です。特に、仕事の後に教室に通う人は、残業で授業に出られない可能性もあるため、自由に振替できたりチケット制でいつでも授業が受けられる教室を選ぶと良いでしょう。出来れば定期的に週一回程度は教室に通うことが理想ですが、学業や仕事の都合で上手くいかない場合もあるため、事前に授業システムを確認しておくと安心です。

講師の実力を比較する

横浜には、外国人講師やネイティブの講師がいる英会話教室がたくさんあり、講師の実力を比較して教室を選ぶことも大切です。特に、仕事上、イギリス英語を中心に学びたい人、将来、教師として綺麗な英語を発音したい人など、目的がはっきりしている人には重要なことです。英語は地域によって訛りがあったり発音に違いがあるため、講師の発音や出身地を知ってから教室を選ぶことも重要と言えます。

広告募集中